田中 佳恋

2Dデザイナー

田中 佳恋
Karen Tanaka

2D部福岡2Dグループ

Exysに入社したきっかけ

入社前は絵を仕事にすることが具体的にイメージできなかったのですが、会社見学の際に実際に制作されている現場の見学や体験を通じて、業界や絵を仕事にすることについて、より近い場所で、もっと多くのことを知りたい・学びたいと思い入社しました。

Exysにて1年働いてみてどうですか?

入社当時は右も左も分からずただ仕事に慣れることを目標にしていましたが、一年間様々な仕事に携わってみて、自分に足りないものや、より学ぶべきこと、また自分の得意・不得意とすることが以前よりも把握できたように感じます。
一年が過ぎた今は、入社当時と比べて任せられる仕事が増えているので、今後はマルチタスクが上手く出来るようになることを目標にしています。

普段どんなソフトを使用して何を制作していますか?

キャラのラフや線画・着色などを主にSAIで制作しています。PhotoshopやCLIPSTUDIOなどもたまに使っています。

学生のころに経験したことのうち、
今の仕事に役立ったことはありますか?

よりたくさんのものを見て自分なりに分析すること、制作に生かせるものがあれば取り入れてみることです。イラストだけでなく世にあるその他のものに目を向けて知ってみると、自分の世界が広がって、描くものの幅もおのずと広がるのかなと思います。
好きなものを突き詰めるのも大事だと思いますが、好きなものをどんどん増やしていくことも同じくらい大事なことだと思っています。

逆に、今になって「学生の頃にやっておけばよかった」と感じることはありますか?

自分が制作する上でのこだわりや好きなものなどをしっかりと把握して、作品に落とし込むことをもっとしておけばよかったと思っています。
もちろんデッサンなど基礎的なことも大事だと思いますが…個性というのはそういったところから出てくるものかと思うので、学生の頃に見つけられていたらもっといい絵を描けていたのかなと感じています。

プロとして働いていく中で、
この1年で変わったなと思うところはありますか?

絵を描くことに対しての意識が変わったように感じます。
以前は好きなものを好きなように描いて終わりという感じでしたが、今では、表現したいことに必要な要素は何か、どういった層をターゲットにしているのかなどを考えつつ、デザインやデッサン、構成などを客観的に見直しながら制作するようになりました。

Exysで仕事をしていく中で、
どういう人と仕事をしたいと思いますか?

制作するにあたって求められているものや必要とされていることの汲み取りができ、尚且つそれを落とし込むことが上手な人や、精度やスピードを上げるための作業時間の短縮方法などを自分で習得・研究している人です。
そういった方々とお仕事をしていると、得られるものが多くあると思います。

入社当時と比べて、今後の将来像に変化は
ありましたか?

入社当時は画力の向上などを目標として単純に上手くなりたいという気持ちが強かったように思いますが、現在はそれにプラスして、後々振り返った時にこの部分はこういう想いで描いた、こんな風に頑張ったと思い返せるような自分で納得できるこだわりを詰めた絵が描けるようになりたいと思っています。

Exysへ応募される方のメッセージ

共に切磋琢磨し合いより良いコンテンツを作っていけたらと思います。